>  >  > 
 

方剤

参考:「方剤学」中国高等医薬院校教材、
「中医臨床のための方剤学」神戸中医学研究会編著

鎮肝熄風湯(ちんかんそくふうとう)

新品登場

種類 平熄内風剤
出典 医学衷中参西録
組成 懐牛膝30g、代赭石30g、竜骨15g、牡蠣15g、亀板15g、白芍15g、玄参15g、天門冬15g、川楝子6g、麦芽6g、茵蔯蒿6g、甘草4.5g
メモ 鎮潜清降の力は建瓴湯より強いが、建瓴湯は寧心安神もできる
方解 君-懐牛膝-入肝腎、引血下行、補益肝腎
臣-代赭石-降逆潜陽、鎮熄肝風
-竜骨-降逆潜陽、鎮熄肝風
-牡蠣-降逆潜陽、鎮熄肝風
佐、使-亀板-滋養陰液、陽亢抑制
-玄参-滋養陰液、陽亢抑制
-天門冬-滋養陰液、陽亢抑制
-芍薬-滋養陰液、陽亢抑制
-茵蔯蒿-清泄肝陽、肝気鬱滞を通暢、鎮潜肝陽
-川楝子-清泄肝陽、肝気鬱滞を通暢、鎮潜肝陽
-麦芽-清泄肝陽、肝気鬱滞を通暢、鎮潜肝陽
-甘草-諸薬調和、和胃調中
効能 鎮肝熄風

アイテムを海外通販!

超人気、高品質で超激安花・ガーデン・DIY緊急 大幅値下げ、話題沸騰の大好評。 アイテムを海外通販!


2018-01-24
、滋陰専用
主治 肝腎陰虧、

,新品登場,
,新品登場,
,新品登場,
,新品登場,
,新品登場,
,新品登場,
,新品登場,
,新品登場,
,新品登場,
,新品登場,

、肝陽上亢、気血逆乱。
頭目眩暈、目張耳鳴、脳部熱痛、心中煩熱、顔色が酔ったみたい、あるいは時に噫虧、あるいは肢体がだんだん不利になり、口角がだんだん斜め、あるいは眩暈顛倒、意識不明、目醒めても回復できず、精神不振、脈長有力。
方意 本方の証は肝腎陰虧、肝陽偏亢、気血逆乱によるものである。
肝陽上亢、風陽上擾であれば頭目眩暈、目張耳鳴、顔色が酔ったみたい、脳中熱痛を現す。
肝胃不和、胃来上逆であれば時に噫来をする。
肝陽過亢であれば血が気とともに逆走したら、眩暈顛倒、意識不明、あるいは肢体運動障害、半身不遂等の中風症状を現す。
脈の弦長有力は肝陽亢盛の証である。
治療は鎮肝熄風を主とし、滋養肝腎の陰液を佐とする。
方中の懐牛膝は肝腎の経に入風し、臣薬である。
亀板、玄参、天門冬、芍薬は滋陰陰液で、陽亢を抑制する。
茵蔯蒿、川楝子、麦芽は君薬を手伝って清泄肝陽をし、肝気の鬱滞を通暢させ、鎮潜肝陽をする。
甘草は調和諸薬をし、麦芽と合わせ、和胃調中し、、金石類の弊を防ぐ共に佐使薬である。
諸薬は協力して鎮肝熄風の効を果たす。

Copyright © All Rights Reserved. (C) 2005 Toukikou, All rights reserved.

{yahoojp} {yakuzenjoho.net} myp12-gui-4662